紫外線から頭皮を守って育毛しています

育毛対策は難しいことはないんですがとにかく面倒くさいんですよね・・・。誰でもできそうなことを積み重ねるだけでいいんだけど、面倒くさいからやったりやらなかったりで効果が見えにくくなります。だから面倒なことが嫌いな人は育毛は難しく感じるのかもしれませんね。

そういう私もかなりの面倒くさがりで、手のかかることはもちろん簡単なことさえ毎日となると難しいです。難しいけれど40代になってから薄毛になりたくないという気持ちが強くなったので、気をつけられることは気をつけていますよ。

最近1番気をつけていたことは紫外線対策です。紫外線に当たると、肌を見れば一目瞭然ですが状態が変わりますよね・・・。肌の場合は日焼けすると肌が黒くなったり赤くなったりします。紫外線が肌に悪さをして肌の状態が変わるわけですが、頭皮も肌なので日に焼ければ同じような状態になります。

頭皮の健康状態を確かめるのは頭皮を見ればいいのです。青白い頭皮だったら健康だと言われていて、赤っぽくなっている頭皮は炎症を起こしている可能性が高いです。日に焼けた頭皮も赤っぽくなるので健康な状態ではないですね・・・。

紫外線が強そうな日は帽子をかぶって外出したり、帽子をかぶらないなら髪をアップにして頭頂を守っています。これだって簡単な育毛方法のひとつになりますよ。アップスタイルにして髪の毛で頭皮を守ってしまうと紫外線は頭皮にダメージを与えられません。自分の髪の毛で頭皮を守ることができるのです。

それでも紫外線量が多いときは帽子を利用します。時には帽子をかぶっているのに日傘を差すこともありますよ。こうやってダブルで日焼けから頭皮を守ることで薄毛対策になります。気温が高いときは帽子をかぶり続けていると頭皮が蒸れるので、通気性が良い帽子をかぶることを忘れません。

長時間日に当たることは滅多にないけれど、たまに危ないときがあるのでこういうことに気をつけて育毛しています。